スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
サード小久保、きょう完全復活 あの日から4年
2007-03-06 Tue 16:52
ヒロキ
小久保がホットコーナーに帰ってくる。春季キャンプで左ふくらはぎを痛めた福岡ソフトバンクの小久保裕紀内野手(35)が、いよいよ本番モードの「5番サード」で完全復帰だ。小久保自身が5日、きょう6日の阪神とのオープン戦(ヤフードーム)で三塁守備に就くことを明言。この日は気合の休日返上で本拠地に姿をみせ、前日の復帰アーチの余韻の残るグラウンドで汗を流して調整を行った。

じっとしてはいられなかった。午後3時。投手陣の練習も終わり、整備が行われていたヤフードームのグラウンドに、トレーニングウエア姿の小久保が現れた。外周、スタンドを、約40分かけてランニング。「明日はゆっくりするつもり」としていた前日のプランを撤回し、待望の完全復帰に備えた汗を流した。

 「ロッカーの整理に来ただけなんやけど、暇やしね。体を動かしておこうと思って」。冗談めかして笑ったが、体を動かしながら確認していたのは、痛めていた左ふくらはぎの回復状態。「大丈夫。問題ない。明日は予定通り守備に就こうと思う」と、バットに続いて三塁の守備にも復帰することを明言した。

 キャンプ中の2月11日に、走塁練習で左ふくらはぎを痛めて離脱。シート打撃、紅白戦には別メニュー調整で参加していないため、実戦での守備は今年初めてだ。5番三塁でスタメン出場の予定で、松中、川崎と組む豪華内野陣の「再結成」のお披露目ともなる。

 「川崎と三遊間? 二遊間と違って、そこまでの連係の難しさはないけどね。ファーストには信彦(松中)、ショートに川崎といるし、開幕に備えた形をきちっと整えていかないと」

 ダイエー時代、常勝軍団に成長していくチームのホットコーナーを務めたのが小久保だった。試合で投手が炎上気配を見せれば、絶妙のタイミングでマウンドへ声をかけに走る。王監督も「基本的に(起用は)サードで考えている」と、絶大な信頼とともに三塁復帰を見守るつもりだ。

 前日は、松中とのMKアベック弾で復帰初アーチ。開幕への準備は着々と進んでいるが、打席に入る際のテーマソングも熟考中だ。巨人時代は大好きなサザンオールスターズの「希望の轍」だったが、変更予定。「ジャイアンツの時と同じでは…」と新たな気持ちでシーズンを迎える。

 きょう6日からは打席数も増え、3打席に立つ予定。「打つ方については(足は)違和感はないからね。守備はとっさの動きもあるし、試合の中での足の状態を確認したい」。03年3月6日、本塁でのもん絶シーンが衝撃を与えた「あの日」から、ちょうど4年。本拠地のホットコーナーに背番号9がよみがえる。 (山本泰明)

=2007/03/06付 西日本スポーツ= 2007年03月06日10時33分
スポンサーサイト
別窓 | 新聞*記事 | コメント:0 | トラックバック:0
<<草莓牛奶~~~ | * 玻 璃 月 光 ** | 照片!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| * 玻 璃 月 光 ** |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。